さぽろぐ

  北海道移住・不動産  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2013年01月22日

尊敬する人

今日はここ佐世保はわずかに雨が降っている。
子供のころ学校で自分が誰を尊敬するかと聞かれたことがある。その頃は野口英世とかロケットを打ち上げたドイツのフォンブラウン博士とか言っていたような覚えがある。
社会人になって少し経った頃にこのことについて考えたときいつも浮かんでくるのが父の顔になった。今91歳になり、老い先が短くなった父を見るとよくぞ長生きしてくれた!と感謝しきりである。
母も同様であるが尊敬よりも母親の愛情やたくましさを感じることが先に立って男と女の違いを感じる。昨年の大手術も乗り切って元気でいるのは嬉しいものだ。
父は親・兄弟が戦争や病気で皆60歳前に亡ったらしい。自分も早いと言っていたが、寝込みもせず長生きしている。
苦労して子供3人を育て、愚痴も言わず・憤りもせず、困ったときは的確なアドバイスや援助をしてくれた。
先日あと1年は生きられない…と弱気なことを言っているのを聞いて来年の正月も新年のあいさつができるように元気でいてほしいと心の中で願っている。


  


Posted by からまつの森住人 at 14:19Comments(1)趣味